仮想通貨

仮想通貨を1年真剣にやってわかったこと

こんにちは

仮想通貨を2017年12月から初めて約1年が過ぎました。

なぜこんな時期に始めたのか今でも疑問を持ちます。

はい。この時期に始めたのはいわゆる「出川組」と称されるメンバーたちになります。

coins, banknotes, money

きっかけ

そもそものはじめたきっかけは、嫁の母から簡単にお金を増やせる方法がある。と話しを貰ったことです。

実際、チャートとかは2017年初頭から見ていました。

夏頃からじわじわと増えている通貨達を見て、自分でもできそうだなと確信したのが秋口頃でした。

その時に母親の知り合い(後に知ったがマルチ商法の方だった)から進められたセミナーに行き、実際に取引の現場を見させて貰いました。

簡単に売買ができることや、主婦や学生までも参加している事を知り、自分でもできると確信できました。

paper, drilled down, text box

落とし穴

そもそもが始めた時期が悪かったことと、母親の知り合いに紹介して貰った会社は詐欺会社の一部で、預けた資金が全て持って行かれました。

この会社に預けたのはおおよそ当時のレートで150万ほどのビットコインでした。

その知り合いから教えて貰った、ライングループでは阿鼻叫喚の嵐で、集団訴訟を起こそうとする方達も居ました。

ですが、僕は母の知り合いとのことから、その場に参加することを止めました。

預けた資金の行方

piggy bank, money, finance

さて、預けた資金はビットコインとの暴落とともに何処へ行ったか?ですが、行方はわかりません。

しかも元の会社は海外が本社とのことで闇に葬られたままです。

そして詐欺に遭った他のライングループのメンバーの方達ですが、皆詐欺だとわかっていたが、海外の会社とも有り泣き寝入り状態となりました。

知り合いへ直談判

さすがに額が額なので、その知り合いの方へ直談判へ行きました。

回答は「あの会社は悪い会社ではない。また新たなビジネスで僕たちへ換金してくれるよ。」と。

話になりませんね。ですから預けた資金返してください。とストレートに言いました。

やはり回答は「実際に預けたのはあなた。僕は斡旋しただけでお金を取ってはいない。」と。

もうらちがあかなかったのでその日は帰りました。

後日連絡が

知り合いの方から連絡があり、アカウントとパスワードを教えて欲しい。と。

理由は、いくら預けたか、いつ預けたかを知りたいからだそうで。

僕は少し不安を持ちながらアカウントを教えました。これも間違えでした。

その後

アカウントを教えてからやまない迷惑電話、迷惑メールに謎のDM。

そうです。情報を売られました。おそらく詐欺被害にあった人は、別の手段でつけ込みやすいとのことから、高値で情報が売れるのでしょう。

ことごとくカモにされた気分でした。

もうそれ以降その方とは連絡も取ってませんし、会ってもいません。当たり前ですが…

 

コインチェック事件

fall, hurricane, money

この事件にも私は巻き込まれました。

仮想通貨のネムが流出した事件で、当時この通貨に80万ほど投資していました。

これもきっかけで通過の価値は急降下。

そしてビットコイン自体も暴落しているので、ものすごい早さで価値がカスになっていきました。

ビットコインFXで挽回

adult, asia, cards

アホみたいな早さで価値が失われていく中、ビットコインFXなる物が巷では話題になっていました。

理由は先物取引なら暴落時でも利益を出せるとのことからです。

それに私も便乗しました。

5分ほどで100万近くの利益

america, the dollar, president

最初はいわゆるビギナーズラックでした。

ほんとにみるみる利益が出て、ショートで入れば利益がボンボンと出てきました。

結果的に5分足らずで100万近く回収できました。

FXはそんなに甘くない

money, currency, monopoly

当たり前ですが、こんなにうまい話があるわけありません。

誰かがもうければ誰かは損失を出します。それがFXです。

そうです、調子に乗った私は100万近くを一気にショートで突っ込みました。

その瞬間、瞬時にビットコインがリバウンドして、100倍のレバレッジをかけていたので、一瞬にしてロスカットされました。

もうけた分全て消えました…

さらにビットコインFXで回収

roulette, gambling, game bank

負ければ勝つまでやる。

それが人間の本質なのでしょうか。

最初は損失分を取り返せればの気持ちだったのが、いつしか意地になって無限につぎ込む様になっていったのです。

新たに50万を振り込んで、証拠金としてレバレッジを25倍で設定して今度はロングで打ちました。

はい。おわかりのようにロングをいれた瞬間暴落して、またロスカットを食らいました。

もう私は廃人のようになりました。

仮想通貨に使ったお金の出所

credit card, charge card, money

そもそも最初に間違っていたのが、仮想通貨に使うお金をキャッシングや消費者金融から借りて捻出したお金だったという事。

当時は仮想通貨がクレジットカードで買えたので、カードでも購入していました。その時の考えはすぐにお金が増えるから、カードで買ってすぐに返せば良いなど安易に考えていました。

そんなに上手くいくわけなく、暴落して返すどころではなくなります。

またさらに、FXに使うお金はキャッシングを利用して借りてさらに傷をえぐってしまいました。FXで勝てば返せるなど安易に考えて…

損失を繰り返した1年間

blockchain, technology, smart

とにかく損失を繰り返した年で、精神的にも安定するわけありませんでした。

仕事中は通過のチャートが気になり、すぐにスマホを見てしまう。

家に帰ればチャートを監視。寝るときもすぐに起きてチャートを確認。

朝起きればすぐにチャートを確認して取引。

そんな毎日が続きました。

体が不調に

そんな毎日を繰り返していれば当然、体にも変化が出てきます。

謎の微熱が1ヶ月近く続いたり、食欲が減退したり。

また、胃痛がひどく常に吐き気と戦っていたり。

カードの引き落とし日には動機が激しくなったりと。

この時に不眠症状態へなっていました。夜寝付けなく、寝ても夜中に起きてしまったり。

仕事中には眠くなって気付いたらフェードアウトしていたり…

かかりつけの病院へ

hand, man, bitcoin

さすがに体がおかしいと感じたので病院へ行った結果、自律神経失調症の疑いがあると診断されました。

やはりこんな生活がずっと続くのはよろしくないと痛感した瞬間でした。

常に落ち込んでいて楽しいはずのことも何も楽しいと感じない日々でした。

また、丁度転職して1年たっているので落ち着くはずの環境も落ち着かない状態でした。

きっぱりやめる

回復, リラクゼーション, レジャー

たばこと一緒で、止めると決めた瞬間から、一切ふれもしないように決めました。

チャートも一切見ないように努力しました。

また、FXの証拠金として残していた口座も解約して、出金しました。

これでもう辛い日々はないはず…

借金だけが残る

当たり前ですが、カードなどを使って取引をしていたので、借金として残りました。

カード4枚+消費者金融1社。

合計で450万ほど残債が残りました。

もちろん利子が付くのでものすごい返済額です。

正直この額見た瞬間死にたいしか考えれませんでした。

結論

甘い話しには乗るな。

素人がマネーゲームしてはダメ。

借金してまで投資をしてはダメ。

当たり前のことがわかった1年でした。

そしてFXなど先駆者の助言は聞くべきです。

もう2度とこんなことはやりません。そう深く感じています。

-仮想通貨
-, , , , , ,

Copyright© Re:log [りろぐ] , 2020 All Rights Reserved.